総売上高と純売上高の差

総売上高は、ある期間に報告されたすべての販売取引の総計であり、控除は含まれていません。純売上高は、総売上高から次の3つの控除額を差し引いたものとして定義されます。

  • 販売手当。軽微な製品の欠陥による、顧客が支払う価格の引き下げ。売り手は、買い手が問題のアイテムを購入した後に販売手当を付与します。

  • 売上割引。購入者が請求日から10日以内に支払う場合、2%少ない支払いなど、早期支払い割引。販売者は、販売時にどの顧客が割引を受けるかわからないため、割引は通常、顧客から現金を受け取ったときに適用されます。

  • 売上は戻ります。顧客が会社に商品を返品した場合に付与される払い戻し(通常は返品承認の下で)。

合計すると、これらの控除額は総売上高と純売上高の差になります。会社が販売手当、販売割引、または販売返品を記録しない場合、総売上高と純売上高の間に違いはありません。

3つの控除はすべて逆勘定と見なされます。つまり、(販売勘定の自然な貸方残高とは対照的に)自然な借方残高があります。それらは販売勘定を相殺するように設計されています。

会社は、総売上高、控除額、および純売上高の情報を損益計算書内の別々の行に表示することを選択できます。ただし、これを行うとかなりのスペースが必要になるため、総売上高と控除額が1つの純売上高ラインアイテムに集約される純売上高のプレゼンテーションが表示されるのがはるかに一般的です。

総売上高は、損益計算書の残りの部分とは別に、単一の項目として報告された場合、売上高を大幅に過大評価する可能性があり、読者はさまざまな売上高控除額を知る方法がないため、誤解を招く可能性があります。したがって、売上高を損益計算書とは別に報告する場合は、金額を純売上高として報告する必要があります。

総売上高と純売上高の違いは、特にトレンドラインで追跡する場合にアナリストにとって興味深いものになる可能性があります。 2つの数値の差が時間の経過とともに徐々に増加している場合は、異常に大きな売上収益と手当を生み出している製品の品質問題を示している可能性があります。