許容できる虚偽表示

許容できる虚偽表示とは、財務諸表全体の公正な表示に影響を与えることなく、財務諸表の項目が実際の金額と異なる可能性がある金額です。この概念は、クライアントの財務諸表を調査するための監査手順を設計するときに監査人によって使用されます。選択した手順は、許容できる虚偽表示を超えるすべてのインスタンスを見つけることができる必要があります。

監査人が許容する許容できる虚偽表示は、監査の計画の重要性の割合に基づく判断の呼びかけです。認識されたリスクレベルが高い場合、許容できる虚偽表示は、計画の重要性の10〜20%などのより小さな割合になります。逆に、認識されたリスクレベルが低い場合、許容できる虚偽表示は、計画の重要性のはるかに高い割合(70〜90%など)になる可能性があります。

いくつかの財務諸表の項目に許容できる虚偽表示がある可能性があります。これらの虚偽表示を総合すると、財務諸表の重要な虚偽表示につながる可能性があります。これは、経営陣が財務諸表の不正に関与している場合に特に発生する可能性があります。そのため、個別に許容できる虚偽表示の数は、互いに相殺するのではなく、すべて同じ方向にあります。逆に、詐欺がない場合は、さまざまな虚偽表示がランダムに正または負になる可能性が高く、ほぼ相殺される可能性が低くなります。