収益の質

収益の質とは、事業の中核的な事業活動に起因する収益の割合を指します。したがって、売上高の改善やコスト削減による利益の増加が企業から報告された場合、収益の質は高いと見なされます。逆に、収益の変化が次のような他の問題に関連している場合、組織の収益の質が低下する可能性があります。

  • 会計規則の積極的な使用

  • LIFO在庫レイヤーの排除

  • インフレーション

  • 利益のための資産の売却

  • ビジネスリスクの増加

一般に、一時的に収益を強化するために会計上のトリックを使用すると、収益の質が低下します。

高品質の収益の主な特徴は、1回限りのイベントの結果としてのみ報告される収益ではなく、一連の報告期間にわたって収益を容易に再現できることです。さらに、組織は、収益源、およびこれらの源泉の将来の傾向の変化に関する詳細なレポートを定期的に提供する必要があります。もう1つの特徴は、報告企業が保守的な会計慣行に従事しているため、関連するすべての費用が適切な期間に適切に認識され、収益が人為的に膨らまないことです。

これらの結果は将来的に繰り返される傾向があり、投資家により多くのキャッシュフローを提供するため、投資家は質の高い収益を見たいと考えています。したがって、質の高い収益を上げている事業体は、株価も高くなる可能性が高くなります。