投資の会計

投資の会計処理は、投資商品に資金が支払われるときに発生します。会計の正確なタイプは、投資家の意図と投資の比例サイズによって異なります。これらの要因に応じて、次のタイプのアカウンティングが適用される場合があります。

  • 満期投資まで開催。投資家が投資を満期日まで保有することを意図しており(これにより、この会計方法は実質的に負債性金融商品に限定されます)、そうする能力がある場合、投資は満期保有として分類されます。この投資は当初原価で計上され、その後、購入時のプレミアムまたはディスカウントを反映するために償却調整が行われます。恒久的な減損を反映するために、投資を評価減することもあります。このタイプの投資の市場価値に対する継続的な調整はありません。このアプローチは、満期日がないため、株式商品には適用できません。

  • 取引のセキュリティ。投資家が投資を短期的に利益のために売却することを意図している場合、その投資はトレーディング証券として分類されます。この投資は当初原価で計上されます。後続の各会計期間の終わりに、記録された投資を期間の終わりの公正価値に調整します。未実現の保有損益は営業利益に計上されます。この投資は、負債または資本の手段のいずれかです。

  • 販売可能です。これは、満期保有またはトレーディング証券として分類できない投資です。この投資は当初原価で計上されます。後続の各会計期間の終わりに、記録された投資を期間の終わりの公正価値に調整します。未実現の保有損益は、売却されるまでその他の包括利益に計上されます。

  • 持分法。投資家が投資先に対して重要な運営上または財務上の管理を行っている場合(通常、少なくとも20%の利息と見なされます)、持分法を使用する必要があります。この投資は当初原価で計上されます。その後の期間において、投資家は、企業内の損益が控除された後、投資先の損益のシェアを認識します。また、投資先が投資家に配当金を発行する場合、配当金は投資家の投資先への投資から差し引かれます。

投資の会計処理における重要な概念は、利益または損失が実現されているかどうかです。実現利益は、実現損失と同様に、投資の売却によって達成されます。逆に、未実現利益または損失は、投資家がまだ所有している投資の公正価値の変動に関連しています。

実現損失とみなされる投資の完全売却以外の状況があります。これが発生した場合、実現損失は損益計算書に認識され、投資の帳簿価額は対応する金額で評価減されます。例えば、保有証券に恒久的な損失が生じた場合、その損失の全額が実現損失とみなされ、償却されます。恒久的な損失は通常、投資先の破産または流動性の問題に関連しています。

未実現の利益または損失は、即時課税の対象にはなりません。この利益または損失は、原証券の売却を通じて実現された場合にのみ税務上認識されます。これは、有価証券の課税基準と投資家の会計記録における有価証券の帳簿価額との間に差異がある可能性があることを意味し、これは一時的な差異と見なされます。