営業資産

営業資産とは、事業の継続的な運営を行うために取得した資産です。これは、収益を生み出すために必要な資産を意味します。営業資産の例は次のとおりです。

  • 現金

  • 前払費用

  • 売掛金

  • 在庫

  • 固定資産

商品の製造に必要な技術ライセンスなどの認識された無形資産がある場合、これらも営業資産と見なす必要があります。

営業資産とみなされない資産は、有価証券などの長期投資目的で使用される資産です。売却目的で保有されている資産など、業務に使用されなくなった資産も営業資産とはみなされません。さらに、投資不動産などの投資目的で保有されている非現金資産は、営業資産とは見なされません。

投資家は、事業によって記録された総資産の額を営業資産の総額と比較して、事業が正しい比率の営業資産で運営されているかどうかを確認することを好みます。そうでない場合、彼らは経営陣に一部の営業外資産を清算し、配当または自社株買いの形で投資家に資金を返還するように促す可能性があります。また、売上高を総営業資産で割って、収益1ドルあたりの資産投資を最小限に抑える経営陣の能力をトレンドラインで観察することも役立ちます。

優れた経営のしるしは、運用資産への投資を最小限に抑えながら、継続的に収益性の高い収益を生み出すことができる企業です。ただし、これは簡単な解釈ではありません。新しい事業分野に進出する企業は、セグメントごとにさまざまな量の資産を使用する必要があることに気付く場合があるためです。