売上原価計算書

売上原価計算書は、通常の損益計算書に見られるよりも詳細に、会計期間に販売された商品の原価をまとめたものです。売上原価計算書は、財務諸表の主要な要素の1つとは見なされていないため、実際にはめったに見つかりません。提示された場合、それは財務諸表に付随する開示に表示されます。

売上原価計算書は、定期在庫システムで使用される売上原価の計算式に基づいています。

開始在庫+購入-終了在庫=売上原価

したがって、ステートメントは、レポートの下部に記載されている売上原価に到達するために、さまざまなアイテムの在庫と要素を開始することから始まります。ステートメントの基本的な形式は次のとおりです。

+在庫の開始

+購入

+貨物の出入り

-購入返品

+直接労働

+工場のオーバーヘッド

=販売可能な商品のコスト

-在庫の終了

=売上原価

また、原材料在庫、仕掛品在庫、完成品在庫など、いくつかの種類の在庫があります。それらは、単一の開始在庫番号と単一の終了在庫番号に集約されるラインアイテムとしてリストできます。

この計算の工場のオーバーヘッドの数値は、関連するさまざまなタイプのコストをよりよく把握できるように、その構成要素に分解できます。

売上原価計算書の概念は、水平レポート形式で複数か月にわたってレポートされる場合に役立ちます。これにより、読者はレポートの広告申込情報の経時的な変化を確認できます。傾向をより簡単に確認できるように、情報をパーセンテージベースで水平形式で表示することも役立ちます。

この声明は、商品を購入および販売する小売業者にも役立つ可能性があります。この環境では、直接労働や架空のラインアイテムなど、特定のラインアイテムは使用されません。