従来の損益計算書

従来の損益計算書では、吸収原価計算を使用して利益または損失の数値に到達します。このステートメントには、次のように編成された収益および費用情報のいくつかのブロックが含まれています。

  • 収益ブロック。通常、総売上高とさまざまな売上割引および手当の1行の集計。

  • 売上原価ブロック。直接材料、直接労働、および割り当てられた工場のオーバーヘッドのコストが含まれます。固定費と変動費が混在しています。

  • 粗利益ライン。これは、すべての収益の正味額から売上原価の合計額を差し引いたものです。

  • 販売および管理ブロック。これには、事業の販売、一般、および管理機能に関連するすべての費用が含まれます。

  • 営業利益/損失ライン。これには、粗利益ラインから販売管理費の合計を差し引いたものが含まれます。

  • 営業外経費ブロック。これには、資金調達費用や資産の処分による損益など、すべての営業外費用が含まれます。

  • 純利益ライン。これは、営業利益/損失ラインから営業外費用ブロックの合計額を差し引いたものです。

従来の損益計算書アプローチは、財務結果を外部に報告するための会計基準で要求されているため、ほぼすべての企業で使用されている主要な形式です。従来の損益計算書では、売上原価の情報ブロック内で原価配分を使用する必要があるため、売上の変化に応じてどの原価が変化するかを判断するのは難しい場合があります。

別の形式は、貢献利益損益計算書です。この場合、変動費は、従来の損益計算書では売上原価ブロックであったものに集約されます。固定費である必要がある他のすべての費用は、貢献利益線の下に配置されるブロックに集約されます。純利益ラインの結果は、どの形式を使用しても同じです。

貢献利益アプローチは、企業が経営成績や収益レベルのさまざまな変化に応じて純利益がどのように変化するかをよりよく把握したい場合に、内部レポートに役立ちます。