販売仕訳

販売ジャーナルエントリは、商品またはサービスの販売によって生成された収益を記録します。このジャーナルエントリは、次の3つのイベントを記録する必要があります。

  • 売却の記録

  • 顧客に販売された在庫の削減の記録

  • 消費税債務の記録

エントリーの内容は、顧客が現金で支払ったか、延長クレジットで支払ったかによって異なります。現金販売の場合、エントリは次のとおりです。

  • [借方]現金。顧客は販売時に現金で支払うため、現金が増加します。

  • [借方]売上原価。商品またはサービスが顧客に譲渡されたため、売上原価に費用が発生します。

  • [クレジット]収益。売上を記録するために、収益勘定が増額されます。

  • [クレジット]。在庫。在庫資産勘定は、商品が顧客に転送されるときに販売によって引き起こされる在庫の減少を反映するために減少します。

  • [クレジット]消費税債務。売上税債務が売却取引によって作成された場合、この時点で記録され、後で売上税が政府に送金されたときに削除されます。

代わりに顧客が延長クレジット(後で支払われる)であった場合、エントリは次のように変更されます。

  • [借方]売掛金。売掛金が作成され、後で顧客から回収されます。これは、前の仕訳に記載されている現金の増加に代わるものです。

  • [借方]売上原価。上記と同じ説明。

  • [クレジット]収益。上記と同じ説明。

  • [クレジット]在庫。上記と同じ説明。

  • [クレジット]消費税債務。上記と同じ説明。

たとえば、ある会社が5%の消費税を伴う1,000ドルのクレジットでの販売を完了したとします。販売された商品の原価は650ドルです。販売仕訳は次のとおりです。

  • [借方]売掛金$ 1,050

  • [借方] 650ドルで販売された商品のコスト

  • [クレジット] 1,000ドルの収益

  • [クレジット] 650ドルの在庫

  • [クレジット] 50ドルの消費税債務

同類項

販売仕訳は、収益仕訳と同じです。