貢献の定義

貢献度は、すべての直接費用を収益から差し引いた後の残りの収益額です。この残りは、レポート期間中に企業が負担する固定費の支払いに利用できる金額です。固定費を超える貢献は、得られる利益に等しくなります。

直接費とは、材料費や手数料など、収益によって直接変動する費用のことです。たとえば、企業の収益が1,000ドル、直接費が800ドルの場合、固定費の支払いに貢献できる残額は200ドルになります。この200ドルの金額は、運用から生じる貢献です。

貢献の概念は通常、貢献利益と呼ばれ、残額を収益で割ったものです。時間の経過とともに収益への貢献の割合に変化があるかどうかを確認するために、パーセンテージベースで貢献を評価する方が簡単です。

収益に関連するすべての費用が収益と同じ期間に認識されるように、貢献は発生主義の会計を使用して計算する必要があります。そうしないと、認識される費用の金額に、収益に関連しない費用が誤って含まれるか、収益に関連するはずの費用が含まれない可能性があります。

コントリビューションの概念は、製品やサービスに請求する必要のある最低価格を決定するのに役立ちますが、それでもすべての固定費をカバーします。したがって、貢献に関する詳細な知識は、次の状況で役立ちます。

  • 価格。特別価格の取引は、ある程度の貢献が得られるように設計する必要があります。そうでなければ、会社は販売を行うたびに本質的にお金を失っています。

  • 設備投資。経営陣は、固定資産への支出が発生する直接費の額をどのように変えるか、そしてこれが利益にどのように影響するかを見積もることができます。たとえば、ロボットへの支出は直接人件費を削減できますが、固定費は増加します。

  • 予算。管理チームは、売上、直接費、および固定費の見積もりを使用して、将来の期間の利益レベルを予測できます。

貢献度分析の一般的な結果は、固定費の増分増加をサポートするために販売する必要のある製品のユニット数についての理解が深まるということです。この知識を使用して、固定費を削減したり、製品販売の貢献利益を増やしたりして、利益を微調整することができます。