スラックタイム

スラックタイムは、実際に必要になる前に完了できるアクティビティがある場合に発生する間隔です。完了予定日とクリティカルパスを満た​​すために必要な日付の違いは、利用可能なスラック時間の量です。プロジェクトマネージャは、プロジェクトのどこに余裕時間が存在するかを常に認識している必要があります。これは、この時間がクリティカルパスをサポートするためにスケジュールを再シャッフルするために使用できるためです。たとえば、クリティカルパスに配置されていないタスクに余裕がある場合、リソースをそのタスクからクリティカルパスに配置されたタスクにシフトして、最も重要なタスクを強化できます。また、各タスクで利用可能なスラック時間の傾向を追跡することもできます。傾向が低下している場合は、作業に予想よりも時間がかかっている可能性があります。