エントリーを閉じる

決算仕訳は、会計期間の終わりに手動会計システムで作成された仕訳入力で、一時勘定の残高を永久勘定にシフトします。

一時的なアカウントの例は、収益、費用、および配当金の支払い済みアカウントです。貸借対照表に記載されている口座(支払われた配当金を除く)はすべて永久口座です。一時的なアカウントは単一の会計期間の残高を累積しますが、永続的なアカウントは複数の期間にわたる残高を保存します。

たとえば、決算エントリは、会計期間の終了時にすべての収益と費用の勘定科目の合計を収益要約勘定に転送することです。これにより、実質的に、その期間の純利益または純損失が収益要約勘定の勘定残高になります。次に、収益要約勘定の残高を利益剰余金勘定にシフトします。その結果、一時勘定残高はゼロにリセットされ、次の会計期間の期間固有の金額を保管するために再び使用できるようになり、その期間の純利益または純損失は利益剰余金勘定に累積されます。

また、収益要約勘定をバイパスして、会計期間の終了時にすべての一時勘定の残高を利益剰余金勘定に直接シフトすることもできます。

別の例として、配当金支払勘定の残高を利益剰余金勘定にシフトする必要があります。これにより、利益剰余金勘定の残高が減少します。これにより、配当金支払勘定の残高がゼロにリセットされます。

次の仕訳は、決算仕訳の使用方法を示しています。

1.その月に発生した10,000ドルの収益すべてを収入要約勘定にシフトします。