製造原価

製造原価は、会計期間中に製造単位に割り当てられた原価です。この概念は、企業の生産業務のコスト構造を調べるのに役立ちます。製造原価を調べるための最良のアプローチは、それを構成部品に分解し、傾向線で調べることです。そうすることで、特定の組み合わせと量の商品を生産するために企業が時間の経過とともに負担しているコストの種類を判断できます。このコスト構造には通常、次のすべてが含まれます。

  • 期間中に製造プロセスで使用された直接材料のコスト。

  • 期間中に製造プロセスで使用された直接労働のコスト。

  • 期間中に製造品に割り当てられた間接費の金額。

小売業は、他者が製造した商品のみを販売するため、製造原価はありません。したがって、売上原価は、再販している商品で構成されます。

製造原価は売上原価と同じではありません。製造された商品は、特に企業が季節的な販売を経験している場合、何ヶ月も在庫が残っている可能性があります。逆に、販売された商品は、会計期間中に第三者に販売された商品です。製造原価と売上原価が互いに異なる理由は多数あります。たとえば、次のようなものがあります。

  • 生産を継続している間は、販売が全くない場合があります。したがって、売上原価はゼロですが、製造原価はかなりの額になる可能性があります。

  • 製造がまったく行われていない間、在庫準備金からの月の間にたくさんの販売があるかもしれません。したがって、売上原価はかなりの額になる可能性がありますが、製造原価はゼロです。

  • 売上原価には、陳腐化した在庫に関連する費用が含まれる場合があります。

  • 製造された商品と販売された商品のコストが異なる理由として最も可能性が高いのは、販売された製品の組み合わせが製造された製品の組み合わせと正確に一致していないことです。

製造原価は、売上原価の計算の構成要素です。計算は次のとおりです。

開始在庫+製造原価-終了在庫

=売上原価

この計算は、定期在庫法に使用されます。販売された個々のユニットの原価が売上原価に認識される永久在庫法には必要ありません。