基本的な1株当たり利益の計算式

基本的1株当たり利益の概要

基本的1株当たり利益は、普通株式1株当たりに割り当て可能な会社の利益額です。これは、資本構造が単純化されている企業にとって有用な業績指標です。資本構成に普通株式しかない事業の場合、継続事業からの利益と純利益については、基本的1株当たり利益のみを表示します。この情報は、損益計算書で報告されます。ストックオプションが発行されている場合など、より多くの株式が発行される可能性がある状況がある場合は、希薄化後1株当たり利益も報告する必要があります。名前が示すように、希薄化後1株当たり利益は、すべての可能な株式が発行されるという仮定に基づいて、可能な限り低い1株当たり利益を示します。

基本的1株当たり利益の計算式は次のとおりです。

親会社の普通株主に帰属する純損益÷

期間中の発行済普通株式の加重平均数

さらに、この計算は次のように細分化する必要があります。

  • 親会社に帰属する継続事業からの損益

  • 親会社に帰属する総利益または損失

基本的1株当たり利益を計算するときは、分子に配当の調整を組み込みます。配当が宣言されていない場合でも、非累積優先株式で宣言された配当の税引き後の金額、および優先株式の配当の税引き後の金額を損益から差し引く必要があります。これには、前の期間に関連する現在の期間中に支払われた、または宣言された配当は含まれません。

また、基本的な1株当たり利益の計算の分母に次の調整を組み込む必要があります。

  • 偶発在庫。偶発的に発行可能な株式がある場合は、株式が発行されない状況がない日付の時点で発行済みであるかのように扱います。

  • 加重平均株式。分母には​​、期間中の加重平均株式数を使用します。これを行うには、レポート期間の開始時に、その期間に買い戻された、または発行された普通株式の発行済み株式数を調整します。この調整は、株式が発行されているレポート期間の日数の割合に基づいています。

1株当たりの基本的利益の例

Lowry Locomotionは、1年目に税控除後$ 1,000,000の利益を上げています。さらに、Lowryは、累積優先株式の保有者に$ 200,000の配当を負っています。Lowryは、基本的1株当たり利益の分子を次のように計算します。

$ 1,000,000の利益-$ 200,000の配当= $ 800,000

ローリーは、1年目の初めに発行済み普通株式400万株を保有していました。また、4月1日に20万株、10月1日に40万株を売却しました。また、7月1日に新たに買収した子会社の所有者に50万株を発行しました。最後に、12月1日に60,000株を買い戻しました。Lowryは、発行済み普通株式の加重平均数を次のように計算します。