貢献利益率

貢献利益率は、会社の売上高と変動費の差であり、パーセンテージで表されます。事業体によって生み出される総利益は、固定費の支払いと利益の創出に利用できる総収益を表します。個々の販売単位で使用される場合、比率はその特定の販売で生成された利益の割合を表します。

固定費と管理費もカバーするのに十分でなければならないので、貢献利益は比較的高くなければなりません。また、このメジャーは、特別な価格設定の状況でより低い価格を許可するかどうかを決定するのに役立ちます。貢献利益率が低すぎたり、マイナスだったりすると、長期的に利益を上げることがかなり難しくなるため、その価格で販売を続けるのは賢明ではありません。ただし、パッケージ全体の貢献利益がプラスである限り、パッケージ内の個々のアイテムの貢献利益がマイナスである商品やサービスのパッケージを販売することが許容される場合があります。この比率は、さまざまな販売レベルから生じる利益を決定するのにも役立ちます(次の例を参照)。

貢献利益は、売上高の変化が利益に与える影響を判断するのにも役立ちます。特に、売上が落ちた場合の利益の減少を見積もるのに使用できるので、予算編成の標準的なツールです。

貢献利益率を計算するには、貢献利益を売上高で割ります。貢献利益は、売上高からすべての変動費を差し引いて計算されます。式は次のとおりです。

(売上高-変動費)÷売上高=貢献利益率

前の計算で分子で使用された貢献利益を計算するには、売上からすべての変動費を差し引きます。

たとえば、Iverson DrumCompanyはドラムセットを高校に販売しています。直近の期間では、関連する変動費が$ 400,000のドラムセットを$ 1,000,000販売しました。アイバーソンは、期間中に66万ドルの固定費を抱えていたため、60,000ドルの損失が発生しました。