期間内の税配分

期間内税配分とは、事業の損益計算書に表示される結果のさまざまな部分に所得税を配分することです。そのため、一部の項目は税控除後に表示されます。この状況は、次の場合に発生します。

  • 継続事業(の結果)は税抜きで表示されます

  • 非継続事業は税控除後の金額で表示されます

  • 前期の調整は税控除後の金額で表示されます

  • 会計原則の変更による累積的影響は税控除後として表示されます

期間内の税配分の概念は、特定の取引の「真の」結果を、所得税から分解するのではなく、すべての影響を差し引いたものとして明らかにするために使用されます。期間内の税配分を使用する理由は、会社の財務諸表の読者に提示される情報の質を向上させるためです。

たとえば、ABCインターナショナルは100万ドルの利益を記録しています。税率は20%であるため、税控除後の利益は800,000ドルと報告されています。

これらの純計算に含まれる所得税は通常費用ですが、控除される場合もあるため、税控除後の上記の項目には税額控除が含まれることに注意してください。

損益計算書のほとんどの要素は、期間内の税配分を差し引いて表示されていません。たとえば、収益、売上原価、および管理費は、法人税控除後では表示されません。これらの項目はすべて継続事業の一部であるため、それぞれを税控除後で表示する意味はありません。すべての継続事業の結果のみを税控除後で表示します。