会計期間の定義

会計期間は、一連の財務諸表がカバーする期間です。この期間は、ビジネストランザクションが財務諸表に蓄積される時間範囲を定義し、投資家が連続する期間の結果を比較できるようにするために必要です。内部財務報告の場合、会計期間は通常1か月と見なされます。財務情報を4週間ごとにまとめている企業もあるため、年間13の会計期間があります。どの会計期間を使用する場合でも、長期にわたって一貫して適用する必要があります。

公開会社は四半期ごとに証券取引委員会に報告する必要があるため、SECへの財務報告の会計期間は3か月になります。一連の財務諸表が1年間の結果をカバーしている場合、会計期間は1年です。会計期間が12月31日以外の日付で終了する12か月の期間である場合、会計期間は暦年ではなく会計年度と呼ばれます。たとえば、6月30日に終了する会計年度は、前年度の7月1日から当年度の6月30日までの期間にまたがります。理想的には、会計年度は、監査する資産と負債が少なくなるように、事業活動が低水準にある日に終了する必要があります。

会計期間のさらに別のバリエーションは、事業が開始されたばかりであるため、最初の会計期間は数日しかかからない場合があります。たとえば、ビジネスが1月17日に開始する場合、最初の月次会計期間は1月17日から1月31日までの期間のみをカバーします。同じ概念が終了したビジネスにも適用されます。たとえば、1月10日に事業が閉鎖された場合、その最終的な月次会計期間は1月1日から1月10日までの期間のみをカバーします。

技術的には、貸借対照表は特定の日付の情報を報告するため、会計期間は損益計算書とキャッシュフロー計算書にのみ適用されます。したがって、企業が1月の結果を報告する場合、損益計算書のヘッダーには「1月31日に終了した月」と表示され、貸借対照表のヘッダーには「1月31日現在」と表示されます。