債務の早期消滅

債務の早期消滅は、債務の発行者が予定された満期日前に有価証券を回収したときに発生します。このアクションは通常、市場金利が債務に支払われる金利を下回ったときに実行されます。債務を回収し、現在の市場金利で再発行することにより、発行者は支払利息を削減することができます。

借り手が債務を消滅させる場合、債務の正味帳簿価額と債務が決済された価格との差額は、当期の収益に損益として個別に計上されます。債務の正味帳簿価額は、債務の満期時に支払われる金額とみなされ、未償却の割引、プレミアム、および発行費用を差し引いたものです。

条件が大幅に異なる債務の交換または変更がある場合は、その交換を債務の消滅として扱います。このような交換または変更は、新しい債務証書のキャッシュフローの現在価値が元の債務証書の現在価値から少なくとも10%変動した場合に発生したと見なされます。この計算の現在価値を決定する場合、割引率は元の債務証書に使用される実効金利です。次の場合にも、実質的に異なる用語が達成されています。

  • 組込変換オプションの公正価値の変動は、元の債務証書の帳簿価額の少なくとも10%です。または

  • 債務の変更により、実質的な転換オプションが追加または削除されます

債務の消滅が債務者と債権者の間の手数料の支払いを伴う場合、手数料を古い債務証書の消滅と関連付けて、その消滅による利益または損失の計算に含まれるようにします。