前払費用会計

前払い費用の定義

前払費用は、1つの会計期間に支払われる支出ですが、原資産は将来の期間まで消費されません。資産が最終的に消費されると、費用が請求されます。複数の期間にわたって消費された場合、費用に対応する一連の料金が発生する可能性があります。

前払費用は、消費されるまで流動資産として組織の貸借対照表に計上されます。現在の資産指定の理由は、ほとんどのプリペイド資産が最初の記録から数か月以内に消費されるためです。前払費用が翌年以内に消費されない可能性が高い場合は、代わりに貸借対照表で長期資産(希少性)として分類されます。

前払い費用の例は保険です。これは、将来の複数の期間に前払いされることがよくあります。事業体は、最初にこの支出を前払費用(資産)として記録し、次に使用期間にわたって費用として請求します。前払い費用勘定に一般的に見られるもう1つの項目は、前払い家賃です。

支出は、費用としての認識を実際に消費された期間とより厳密に一致させるために、前払費用として記録されます。企業がプリペイドの概念を使用しない場合、その資産は、利益と同様に、短期的にはいくぶん控えめになります。プリペイドの概念は、小規模な組織で一般的に使用されている会計の現金ベースでは使用されません。

前払会計

前払い費用の基本的な会計処理は、次の手順に従います。

  1. 会計システムにサプライヤの請求書を最初に記録するときに、アイテムが会社の前払い費用(資産)の基準を満たしていることを確認します。

  2. アイテムが会社の基準を満たしている場合は、前払いの経費勘定に請求します。そうでない場合は、請求額を現在の期間の費用に請求します。

  3. 支出額を前払い経費調整スプレッドシートに記録します。

  4. 会計期間の終わりに、アイテムが償却される期間の数を設定し、この情報を調整スプレッドシートに入力します。このエントリには、該当する各期間に請求される定額の償却額を含める必要があります。

  5. 会計期間の終わりに、最も関連性の高い費用勘定に所定の金額を償却する調整エントリを作成します。

  6. すべての償却が完了したら、スプレッドシートの合計が前払い経費勘定の合計残高と一致することを確認します。そうでない場合は、2つを調整し、必要に応じて調整します。

ベストプラクティスは、少額の支出を前払いの経費勘定に記録しないことです。これは、時間をかけて追跡するのに非常に手間がかかるためです。代わりに、これらの小額を発生時に費用として請求します。この概念をさらに拡張するには、残りの残高が特定の最小レベルまで償却された後、費用として請求することを検討してください。これらのアクションは両方とも、前払いの費用が費用に請求されるしきい値を示す正式な会計方針によって管理される必要があります。

前払い費用の例

会社は、来年の取締役および役員の賠償責任保険に60,000ドルを前払いします。仕訳は次のとおりです。