未払費用

未払費用は、サプライヤーへの請求がないためにバイヤーが関連費用を未払いにする期間中に受け取った、または発生した商品またはサービスの費用です。サプライヤへの請求がないのは、通常、請求書が転送中であり、レポート期間中に帳簿が閉じられるまでサプライヤから届かないためです。

コストは、受け取った商品またはサービスのコストの購入会社の最良の見積もりを含む仕訳で発生します。この情報は、承認する発注書から取得される場合があります。このエントリは逆仕訳として設定されているため、サプライヤの請求書が到着すると思われる次のレポート期間に、会計システムから自動的にバックアウトされます。

未払費用を使用すると、より正確な財務諸表が得られますが、調査と追跡にはかなりの量の作業が必要になります。したがって、ほとんどの組織は、問題の金額が重要性のしきい値を超えている場合にのみコストを発生させます。そのしきい値を下回ると、それらを記録することは費用効果が高くありません。

未払費用は、現金の振替がある場合にのみ取引を記録するため、現金会計で運営されている事業では使用されません。現金主義のシステムでは、費用は支払時に記録されるため、費用の認識が遅れる傾向があります。

未払費用の例として、会社は月末にサプライヤーから商品を受け取り、10,000ドルが請求されます。会社がその月の帳簿を閉じたときに、サプライヤの請求書がまだ届いていないため、管理者は、在庫勘定への10,000ドルの借方と、未払負債勘定への貸方を使用して未払費用を作成します。翌月の初めに、このエントリは取り消され、サプライヤの請求書は到着時に記録されます。