固定資産

固定資産は、耐用年数が1報告期間を超え、企業の最小資本制限を超える資産です。固定資産は、即時の転売を目的として購入されるのではなく、企業内で生産的に使用するために購入されます。また、購入後1年以内に完全に消費される見込みはありません。在庫品目は、直接再販するか、製品に組み込んで販売することを目的として購入されるため、固定資産とは見なされません。以下は、固定資産の一般的なカテゴリの例です。

  • 建物

  • コンピューター機器

  • コンピューターソフトウェア

  • 家具と設備

  • 無形資産

  • 土地

  • 借地権の改善

  • 機械

  • 車両

固定資産は、最初は資産として記録され、その後、以下の一般的なタイプの会計取引の対象となります。

  • 定期的な減価償却(有形資産の場合)または償却(無形資産の場合)

  • 減損評価損(資産の価値がその正味簿価を下回った場合)

  • 処分(資産が処分された後)

固定資産は、元の原価から減価償却累計額を差し引き、減損費用を差し引いた正味簿価で財務記録に表示されます。継続的な減価償却のため、資産の正味簿価は常に下落しています。ただし、国際財務報告基準では、固定資産を再評価して、その正味簿価を増加させることができます。

固定資産は、移動できないため、実際に「固定」する必要はありません。多くの固定資産は、会社の敷地内または完全に敷地外に定期的に移動できるほど十分に持ち運び可能です。したがって、ラップトップコンピュータは、固定資産と見なすことができます(コストが資本制限を超えている場合)。

固定資産は、有形固定資産とも呼ばれます。