目標価格

目標価格設定とは、市場での競争力のある価格を見積もり、その価格に企業の標準利益率を適用して、新製品が持つことができる最大コストに到達するプロセスです。次に、設計チームは、事前に設定されたコスト制約内で必要な機能を備えた製品を作成しようとします。チームがコストの制約内で製品を完成できない場合、プロジェクトは終了します。このアプローチを採用することにより、企業は、収益性の低い製品に負担をかけることなく、製品ライン全体で妥当な利益を得ることができます。ただし、標準利益率の設定が高すぎると、コストの制約内で多くの製品を開発できない可能性があります。