会計の取得方法

買収者が別の会社を購入してGAAPを使用する場合、買収方法を使用してイベントを記録する必要があります。このアプローチでは、買収を記録するための一連の手順が必要です。

  1. 取得した有形資産および負債を測定する

  2. 取得した無形資産および負債を測定する

  3. 買収した事業の非支配持分の金額を測定する

  4. 売り手に支払われた対価の額を測定する

  5. 取引ののれんまたは利益を測定する

これらの各ステップについては、以下で説明します。

1.有形資産と負債を測定する

有形資産および負債は、取得日(取得者が被取得者を支配する日)の公正市場価格で測定します。リース契約や保険契約など、開始日時点で測定されるいくつかの例外があります。ただし、ほとんどの資産および負債は、取得日現在で測定する必要があります。この公正価値分析は、第三​​者の評価会社によって頻繁に行われます。

2.無形資産と負債を測定する

無形資産および無形資産は、取得日(取得者が被取得者を支配する日)の公正市場価格で測定します。被取得企業はこれらの項目の多くを貸借対照表に記録していない可能性があるため、これは有形資産および負債の測定よりも取得企業にとって困難な作業になる傾向があります。GAAPでは、一部の無形資産は資産として認識できません。

3.非支配持分を測定する

被取得企業の非支配持分を取得日の公正価値で測定および記録します。公正価値は、その活発な市場が存在する場合、被取得企業の株式の市場価格から導き出すことができます。非支配持分に関連する支配プレミアムがないため、この金額は、買収者が事業を購入するために支払った価格よりも1株あたりの金額が少なくなる可能性があります。

4.支払われた対価を測定する

現金、負債、株式、偶発的利益、およびその他の種類の資産を含む、売り手に支払われる可能性のある多くの種類の対価があります。どのような種類の対価が支払われても、取得日現在の公正価値で測定されます。取得者は、この考慮計算に、収益などの将来の支払い義務の金額を含める必要があります。

5.のれんまたは割安購入利益を測定する

上記のすべてのステップが完了した後、取得者は、次の計算を使用して、のれんまたは割安購入による利益の金額に戻す必要があります。

支払われた対価+非支配持分–取得した識別可能な資産

+取得した識別可能な負債

この計算の結果、割安な購入(以前は負ののれんと呼ばれていました)が発生した場合、取得者は、資産と負債の公正価値が価値を示しているよりも、取得者に支払った金額が少なくなります。割安購入は、取得日現在の利益として認識されます。

概要

買収を記録するためにここに記載されている多くのステップは、買収が完了した会計期間に正確に記録されるのに必ずしも間に合うとは限りません。会計処理が遅れると思われる場合、取得者は当該会計期間における最善の見積りを報告し、取得日現在の事実および状況に基づいてそれらの数値を後で調整する必要があります。後日発生する情報は、資産および負債の値にその後の変更をもたらす可能性がありますが、元の取得エントリの記録を遡及的に調整するために使用しないでください。