未稼得家賃の会計処理

未稼得家賃の発生方法

家主がテナントにスペースを借りる契約を結ぶ場合、賃貸契約の一般的な規定は、テナントが月の初めに家主に支払うことです。この支払いは、支払いが開始された月に関連付けられています。家主は通常、これらの支払いを現金を受け取った月の賃貸収入として記録します。

しかし、テナントが前月末に少し早く支払うとしたらどうでしょうか。この場合、家主は現金の領収書を記録する必要がありますが、まだ家賃を稼いでいないため、家賃収入を記録することはできません。家賃の稼ぎは、支払いが適用される翌月に行われます。代わりに、家主は未稼得家賃を記録します。

未稼得賃料の会計処理

この未稼得家賃を計上するために、家主は現金勘定に借方を記録し、未稼得家賃勘定(負債勘定)に相殺貸方を記録します。現金受領の月には、取引は地主の損益計算書にはまったく表示されませんが、貸借対照表に表示されます(現金資産および不労所得負債として)。

翌月、家主は家賃を稼ぎ、負債を清算するために負債勘定に借方を記録し、収入を認識するために収入勘定に貸方を記録します。トランザクションの影響は、収益として損益計算書に表示されるようになりました。

ここに記載されている会計処理は、発生主義の会計処理にのみ適用されます。現金主義の会計では、家主には未稼得家賃はありません。代わりに、受け取った家賃の支払いは一度に収入として記録されます。