会計上の見積りの変更

商取引を会計処理する場合、見積もりを使用しなければならない場合があります。場合によっては、それらの見積りが不正確であることが判明し、その場合、会計上の見積りの変更が保証されます。次のような変更がある場合は、見積もりの​​変更が必要です。

  • 既存の資産または負債の帳簿価額に影響を与える、または

  • 既存または将来の資産または負債のその後の会計処理を変更します。

見積りの変更は、資産および負債に関連する現在の状況および将来の利益および義務を検討する進行中のプロセスの通常の予想される部分です。見積もりの​​変更は、既存の状況を変える新しい情報の出現から生じます。逆に、新しい情報がない場合、見積もりに変更はありません。

会計上の見積りの変更の例

以下のすべては、会計上の見積りに変更が生じる可能性が高い状況です。

  • 貸倒引当金

  • 廃止された在庫のために予約する

  • 減価償却資産の耐用年数の変化

  • 減価償却資産の残存価額の変動

  • 予想される保証義務の金額の変更

見積りに変更があった場合は、変更期間に計上してください。変更が将来の期間に影響を与える場合、変更はそれらの期間にも会計上の影響を与える可能性があります。会計上の見積りの変更は、以前の財務諸表の修正再表示や、勘定残高の遡及的調整を必要としません。

見積りの変更の影響が重要でない場合(通常、引当金および引当金の変更の場合のように)、変更を開示しないでください。ただし、金額が重要な場合は見積りの変更を開示してください。また、変更が将来のいくつかの期間に影響を与える場合は、継続事業からの収益、純利益、および1株当たりの金額への影響に注意してください。