土地が減価償却されない理由

土地資産は、耐用年数が無限であると考えられているため、減価償却されていません。これにより、土地はすべての資産タイプの中でユニークになります。減価償却が禁止されているのはこれだけです。

ほぼすべての固定資産には耐用年数があり、その後は会社の運営に貢献しなくなるか、収益の生成を停止します。この耐用年数の間に、それらは減価償却されます。これにより、耐用年数の終わりに価値があると思われるコスト(残存価額として知られています)までコストが削減されます。ただし、土地には明確な耐用年数がないため、減価償却する方法はありません。代わりに、抽出される天然資源がない場合(以下を参照)、土地の寿命は無制限であると見なされます。さらに、土地が不足しているため、他のほとんどの種類の固定資産の価値が下がるのとは対照的に、その価値は時間とともに増加する傾向があります。

事業体が建物のある土地を購入する場合、費用は土地と建物の間で配分されなければなりません。その結果、建物は減価償却されますが、土地は減価償却されません。この割り当てを導き出す良い方法は、固定資産税の査定または査定を使用することです。

土地を減価償却しないという規則の1つの例外は、鉱山の鉱石埋蔵量が空になった場合など、土地の一部が実際に使い果たされた場合です。この場合、枯渇法を使用して土地の天然資源を減価償却します。

枯渇は、天然資源の使用に対する年間料金です。枯渇を計算するには、まず、枯渇可能な資産の金額である枯渇ベースを確立する必要があります。枯渇ベースには、次の要素が含まれます。

  • 取得コスト—購入またはリース、あるいは不動産所有者へのロイヤルティの支払いを通じて所有権を取得するためのコスト。

  • 探鉱費用-通常、これらの費用は発生時に費用処理されます。ただし、石油およびガス業界の特定の状況では、資産計上される場合があります。

  • 開発コスト—掘削コスト、トンネル、シャフト、井戸などの無形の開発コスト。

  • 復元コスト—天然資源の抽出が完了した後、プロパティを自然な状態に復元するためのコスト。

枯渇ベースの金額か​​ら推定残存価額を差し引いた金額が、抽出された単位あたりの枯渇率、または次の式を使用して計算された単位枯渇率を使用して、各期間の枯渇費用に請求されます。