減価償却資産

減価償却資産は、複数の報告期間に経済的利益をもたらす資産です。低コストの購入が減価償却資産として分類されないようにするために、資本化制限を適用することもできます。適格資産は、最初は資産として分類され、その後、帳簿価額を減らすために、時間の経過とともに徐々に減価償却されます。減価償却資産の記録に使用される資産の分類の例は次のとおりです。

  • 建物

  • コンピューターとソフトウェア

  • 家具と設備

  • 土地

  • 機械

  • 車両

資産が減価償却される期間は、その分類によって異なります。土地は寿命が無限であると考えられているため、減価償却は一切行われていません。