会計プロセスのステップ

アカウンティングプロセスは、ビジネストランザクションをアカウンティングレコードに記録するために使用される3つの異なるタイプのトランザクションです。次に、この情報は財務諸表に集約されます。トランザクションタイプは次のとおりです。

  1. 最初のトランザクションタイプは、前の期間からの逆仕訳が実際に逆仕訳されていることを確認することです。

  2. 2番目のグループは、個々のビジネストランザクションを会計記録に記録するために必要なステップで構成されています。

  3. 3番目のグループは、帳簿を閉じて財務諸表を作成するために必要な期末処理です。

以下では、会計プロセスのこれら3つの部分について説明します。

期間処理の開始

前の期間に逆仕訳として指定されたすべてのトランザクションが実際に逆仕訳されていることを確認します。そうすることで、トランザクションが現在の期間に2回記録されないようにします。これらのトランザクションは通常、会計ソフトウェアのエントリを取り消すものとしてフラグが立てられるため、取り消すのは自動である必要があります。それでも、期間の初めに勘定科目を調べて、逆転を確認します。逆仕訳フラグが設定されていない場合は、新しい仕訳入力を使用して、エントリを手動で逆仕訳する必要があります。

個々のトランザクション

会計プロセスの個々のトランザクションに必要な手順は次のとおりです。

  1. トランザクションを特定します。まず、それがどのような種類のトランザクションであるかを判断します。例としては、サプライヤーからの商品の購入、顧客への製品の販売、従業員への支払い、顧客からの現金の受け取りの記録などがあります。

  2. ドキュメントを準備します。顧客への請求書やサプライヤからの請求書など、トランザクションを開始するために準備または認識されるビジネスドキュメントが頻繁にあります。

  3. アカウントを特定します。すべてのビジネストランザクションは、収益、費用、資産、負債、株主資本勘定など、会計データベースの勘定に記録されます。トランザクションの記録に使用するアカウントを特定します。

  4. トランザクションを記録します。会計システムにトランザクションを入力します。これは、仕訳入力またはオンラインの標準取引フォーム(未収金に対する現金領収書の記録に使用されるものなど)を使用して行われます。後者の場合、トランザクションフォームは、事前に定義されたアカウントのセット(オーバーライド可能)に情報を記録します。

これらの4つのステップは、個々のビジネストランザクションをアカウンティングレコードに記録するために使用されるアカウンティングプロセスの一部です。

期末処理

会計プロセスの残りのステップは、前のステップで作成されたすべての情報を集約し、それを財務諸表の形式で提示するために使用されます。手順は次のとおりです。

  1. 試算表を作成します。試算表は、すべてのアカウントの期末残高のリストです。試算表のすべての借方の合計は、すべての貸方の合計と等しくなければなりません。そうでない場合は、元のトランザクションの入力にエラーがあり、調査して修正する必要があります。

  2. 試算表を調整します。エラーを修正したり、さまざまな種類の手当を作成したり、期間中の収益や費用を計上したりするために、試算表を調整する必要がある場合があります。

  3. 調整済み試算表を準備します。これは、元の試算表に、その後に行われるすべての調整をプラスまたはマイナスしたものです。

  4. 財務諸表を作成します。調整された試算表から財務諸表を作成します。資産、負債、および株主資本の項目が貸借対照表を形成し、収益費用の項目が損益計算書を形成します。

  5. 期間を閉じます。これには、収益勘定と費用勘定の残高を利益剰余金勘定にシフトし、それらを空のままにして、次の会計期間のトランザクションを受け取る準備をすることが含まれます。

  6. 準備後の決算試算表を。このバージョンの試算表では、すべての収益勘定と費用勘定の勘定残高がゼロである必要があります。

実際には、どの会計ソフトウェアパッケージでも、試算表と財務諸表のすべてのバージョンが自動的に作成されるため、会計プロセスの実際の手順が大幅に削減される可能性があります。代わりに、コンピューター化された環境で使用される手順は次のようになります。

  1. 財務諸表を作成します。この情報は、会計ソフトウェアによって総勘定元帳から自動的にコンパイルされます。

  2. 期間を閉じます。経理担当者は、完了したばかりの経理期間を閉じ、新しい経理期間を開きます。そうすることで、当期の取引が誤って前の会計期間に入力されるのを防ぎます。複数の事業部を持つ会社では、各子会社のソフトウェアでこの期間の終了ステップを完了する必要がある場合があります。

同類項

アカウンティングプロセスは、アカウンティングサイクルとも呼ばれます。