デビットメモ

デビットメモという用語には、次のようないくつかの用途があります。

  1. 増分請求。これは、顧客への請求書の代替バージョンである可能性があり、元の請求書の請求額が少なすぎる場合に使用されます。したがって、デビットメモは基本的に、元の請求書に含まれているはずの金額の増分請求です。多くの企業は、デビットメモを使用するのではなく、調整を加えて元の請求書を再発行するか、増分金額の請求書を発行するだけなので、この使用法は一般的ではありません。デビットメモは通常、請求書に使用されるのと同じ形式で発行されます。デビットメモは、発行されると、通常、顧客に送信される未払いの売掛金の月次明細書に表示されます。

  2. 内部オフセット。顧客アカウントにわずかなクレジット残高が残っている場合は、それを相殺するためにデビットメモを生成できます。これにより、経理スタッフはアカウントの残高を清算できます。この状況は、顧客が過払いをした場合(ただし、そのような支払いは顧客に返還するか、または更生法に基づいて該当する州政府に転送する必要があります)、または会計上の誤りがアカウントに残額を残した場合に発生する可能性があります。

  3. 銀行取引。銀行は、銀行の明細書に手数料を請求するときにデビットメモを作成します。これにより、会社の当座預金口座の残高が減少します。したがって、銀行口座の残高が1,000ドルで、銀行がデビットメモを使用して50ドルのサービス料を請求する場合、口座の残りの残高は950ドルになります。デビットメモを引き起こす可能性のある料金の例としては、銀行サービス料金、バウンスされた(資金が不足している)小切手料金、小切手在庫の印刷料金、リモートデポジットキャプチャスキャナーとソフトウェアの使用料金があります。

ここに記載されている使用法のうち、銀行取引はデビットメモの最も一般的な使用法です。

同類項

デビットメモは、デビットメモとも呼ばれます。