安全マージン| 安全マージン

安全マージンは、ビジネスの損益分岐点に達する前に発生する可能性のある売上の減少です。これは、売上高の変化によって事業が被る損失のリスクを経営陣に知らせます。この概念は、売買契約が終了する場合のように、かなりの割合の売上が減少または消滅するリスクがある場合に役立ちます。最小限の安全マージンは、経費を削減するための行動を引き起こす可能性があります。逆の状況も発生する可能性があります。この場合、安全マージンが非常に大きいため、ビジネスが売上変動から十分に保護されます。

安全マージンを計算するには、売上高から現在の損益分岐点を差し引き、売上高で割ります。式は次のとおりです。

(現在の販売レベル–損益分岐点)÷現在の販売レベル=安全マージン

このバッファーの量はパーセンテージで表されます。

安全マージンの2つの代替バージョンを次に示します。

  1. 予算ベース。企業は、将来の予算の下で安全マージンを予測したいと思うかもしれません。その場合は、数式の現在の販売レベルを予算の販売レベルに置き換えます。

  2. ユニットベース。安全マージンを販売台数に変換する場合は、代わりに次の式を使用します(ただし、このバージョンは、会社が1つの製品のみを販売する場合に最適です)。

(現在の販売レベル-損益分岐点)÷ユニットあたりの販売価格

たとえば、Lowry Locomotionは、おもちゃのトラクター製品ラインの生産能力を拡大するために、新しい機器の購入を検討しています。この追加により、Lowryの運用コストは年間100,000ドル増加しますが、売上も増加します。関連情報を次の表に示します。