最終在庫を見積もる方法

期末在庫は、在庫在庫の合計単位数量または会計期間終了時のその合計評価額です。最終在庫額は、売上原価と、会社の貸借対照表に含める最終在庫残高を導出するために必要です。会計期間の終了時に手持ちの在庫の量を数えることができないか、それに値を割り当てることができない場合があります。この状況は、月末の出荷活動が多すぎて物理的なカウントを実行できない場合、カウントプロセスが非常に手間がかかる場合、またはスタッフが忙しくて物理的なカウントを実行できない場合に発生する可能性があります。

その場合、最終在庫を見積もるために利用できる2つの方法があります。これらの方法は、過去の傾向に依存しているため、絶対確実ではありませんが、終了在庫を変更する可能性のある異常なトランザクションが期間中に発生しない限り、適度に正確な数値が得られるはずです。

最初の方法は粗利益法です。基本的な手順は次のとおりです。

  1. 在庫の開始コストと期間中の購入コストを合計して、販売可能な商品のコストを算出します。

  2. (1-予想粗利益%)に期間中の売上高を掛けて、売上原価の見積もりを求めます。

  3. 販売可能な商品のコスト(ステップ#1)から販売された商品の推定コスト(ステップ#2)を差し引いて、最終在庫に到達します。

粗利益法の問題点は、結果が過去の粗利益によって決まることです。これは、直近の会計期間で経験した利益ではない可能性があります。また、長期の履歴レートよりも高いまたは低い期間に在庫損失が発生する可能性があります。これにより、実際の最終在庫が判明した場合とは結果が異なる可能性があります。

小売在庫法は、小売業者が最終在庫を計算するために使用する代替アプローチです。この方法では、粗利益率を計算の基礎として使用するのではなく、前の期間のコストに対する小売価格の比率を使用します。計算は次のとおりです。

  1. 式が(コスト/小売価格)である小売コストのパーセンテージを計算します。

  2. 式が(最初の在庫のコスト+購入のコスト)である、販売可能な商品のコストを計算します。

  3. 式が(売上高x小売コストのパーセンテージ)である期間中の売上原価を計算します。

  4. 式が(販売可能な商品のコスト-期間中の販売コスト)である最終在庫を計算します。

この方法は、すべての製品を同じ割合で一貫してマークアップする場合にのみ機能します。また、現在の期間でも同じマークアップ率を使用し続ける必要があります(定期的な販売の割引により、誤った結果が生じる可能性があります)。したがって、その年の主な販売シーズンの後に在庫を一掃するための一連の割引は、この計算の結果に影響を与える可能性があります。

ここで説明する方法は、最終在庫の見積もりにのみ使用できることに注意してください。物理的なカウントまたは循環棚卸プログラムに勝るものはなく、はるかに正確な最終在庫の評価を取得できます。廃止された在庫を適切に確保し、LIFOやFIFO方式などの在庫コストの階層化手法の影響を考慮することで、精度を向上させることもできます。

監査済み財務諸表や保留中の買収で一般的なように、正確な最終在庫数が必要な企業は、上記の見積もり方法のいずれかを使用するのではなく、詳細な実地棚卸を完了する必要があります。