法人税の会計処理

法人税の基本的な会計処理は、未払法人税の見積りに対する納税義務を認識し、当期の税金費用を決定することです。所得税のトピックをさらに掘り下げる前に、関連する所得税会計を理解するために不可欠ないくつかの概念を明確にする必要があります。概念は次のとおりです。

  • 一時的な違い。会社は、財務報告の目的で資産または負債を1つの値で記録し、税務の目的で別の値の別の記録を維持する場合があります。この違いは、税務報告の目的で特定の項目の延期または加速を要求する可能性のある税務当局の税認識ポリシーによって引き起こされます。これらの差異は一時的なものです。資産は最終的に回収され、負債は決済され、その時点で差異は解消されます。後の期間に課税額となる差異は課税対象の一時差異と呼ばれ、後の期間に控除額となる差異は控除可能な一時差異と呼ばれます。一時的な違いの例は次のとおりです。

    • 財務諸表で認識される前または後に課税される収益または利益。たとえば、貸倒引当金はすぐに税控除の対象とはならない場合がありますが、代わりに特定の売掛金が貸倒れと宣言されるまで延期する必要があります。

    • 財務諸表で認識される前または後に税控除の対象となる費用または損失。たとえば、一部の固定資産は一度に税控除の対象となりますが、財務諸表の長期減価償却によってのみ認識できます。

    • 投資税額控除により課税基準が減額された資産。

  • キャリーバックキャリーフォワード。企業は、今年の確定申告で使用できるよりも多くの税額控除または税額控除(営業損失から)があることに気付く場合があります。その場合、以前の期間または将来の期間の確定申告の課税所得または納税義務に対してこれらの金額を相殺するオプションがあります。会社は一度に税金の還付を申請できるため、これらの金額を前の期間の確定申告に戻すことは常により価値があります。したがって、これらの超過税額控除または税額控除は最初に繰り戻され、残りの金額は将来の期間で使用するために予約されます。繰越は、特定の年数以内に使用されない場合、最終的に期限切れになります。会社は、キャリーバックのために返金可能な過年度に支払われた税金の金額の売掛金を認識する必要があります。繰延税金資産は繰越のために実現することができますが、繰越の一部が実現されない可能性に基づく相殺評価引当金を使用する可能性があります。

  • 繰延税金負債および資産。一時的な差異がある場合、結果は繰延税金資産および繰延税金負債になる可能性があります。これらは、将来の期間に支払われるまたは返金される税金の変化を表します。

これらすべての要因により、財務諸表で認識および報告する適切な所得税情報に到達するための複雑な計算が発生する可能性があります。

所得税の重要な会計

所得税に固有の複雑さにもかかわらず、この分野の本質的な会計は、次の2つの項目を認識する必要性から導き出されます。

  • 今年。当年度に支払われるまたは返金される法人税の見積額に基づく納税義務または税資産の認識。

  • 将来の年。繰越および一時差異の将来の見積り効果に基づく、繰延税金負債または税金資産の認識。

上記の点に基づくと、法人税の一般会計は次のとおりです。