売掛金は資産ですか、それとも収益ですか?

売掛金は、顧客が売り手に支払うべき金額です。このように、それは将来の日に現金に変換可能であるため、資産です。売掛金は通常1年以内に現金に転換できるため、貸借対照表に流動資産として記載されています。

売掛金が1年以上で現金に換金される場合は、代わりに長期資産として貸借対照表に記録されます(受取手形の場合もあります)。一部の売掛金が回収されない可能性があるため、貸倒引当金により(発生主義で)相殺されます。この引当金には、債権資産に関連する貸倒れの総額の見積りが含まれています。

収益は、商品またはサービスの販売について記録された総額です。この金額は、損益計算書の一番上の行に表示されます。

売掛金勘定の残高は、すべての未払いの売掛金で構成されています。これは通常、アカウントの残高に現在の期間と前の期間の両方からの未払いの請求書の残高が含まれていることを意味します。逆に、損益計算書で報告される収益額は、現在の報告期間のみです。これは、特に支払条件が報告期間の期間よりも長い場合、売掛金の残高が報告期間の報告された収益の金額よりも大きくなる傾向があることを意味します。

会社が顧客へのクレジットを許可しない状況、つまりすべての売上が前払いで現金で支払われる状況では、売掛金はありません。

ビジネスの結果を分析する人は誰でも、最終売掛金の残高を収益と比較し、この比率を傾向線にプロットする必要があります。時間の経過とともに比率が低下している場合は、顧客からの現金回収が困難になっていることを意味し、財務上の問題につながる可能性があります。