時価比率

時価総額は、公開会社の株式の現在の株価を評価するために使用されます。これらの比率は、現在および潜在的な投資家が、会社の株式の価格が高すぎるか低すぎるかを判断するために使用されます。最も一般的な市場価値比率は次のとおりです。

  • 1株当たりの簿価。株主資本の総額を発行済株式数で割って計算されます。この指標は、1株当たりの市場価値が高いか低いかを確認するためのベンチマークとして使用され、株式の売買を決定するための基礎として使用できます。

  • 配当利回り。年間に支払われる配当金の合計を株式の市場価格で割って計算されます。これは、投資家が現在の市場価格で株式を購入した場合の投資収益率です。

  • 一株当たり利益。報告された事業の収益を発行済み株式総数で割って計算されます(この計算にはいくつかのバリエーションがあります)。この測定値は、会社の株式の市場価格をまったく反映していませんが、投資家が株式の価値があると考える価格を導き出すために使用できます。

  • 一株当たりの市場価値。事業の総市場価値を発行済み株式総数で割って計算されます。これは、市場が現在会社の株式の各株に割り当てている価値を明らかにします。

  • 株価収益率。株式の現在の市場価格を報告された1株当たり利益で割ったものとして計算されます。結果の倍数は、競合企業の同じ比率の結果と比較して、株式の価格が高すぎるか低すぎるかを評価するために使用されます。

これらの比率は、これらの個人が運用上の問題により関心を持っているため、ビジネスのマネージャーによって注意深く監視されていません。主な例外は投資家向け広報担当者であり、投資家の視点から会社の業績を確認できる必要があるため、これらの測定値を綿密に追跡する可能性がはるかに高くなります。

非公開企業の株式に市場価値を割り当てる正確な方法がないため、市場価値比率は非公開企業の株式には適用されません。