倫理的絶対主義

倫理的絶対主義は、倫理的ルールはどこでも同じであるという概念です。倫理的絶対主義の例として、国連が全会一致で世界人権宣言を可決したと考えてください。これらの権利の一部は次のとおりです。

  • 誰もが人の生命、自由、安全に対する権利を持っています。

  • 奴隷制や奴隷制に陥ってはならない。

  • 恣意的な逮捕、拘留、追放の対象となることはありません。

  • 誰も彼の財産を恣意的に奪われてはならない。

自分の権利と義務に強く焦点を当てた倫理的思考のシステムは、道徳的絶対主義の概念に基づいている可能性があります。多くの宗教は、いかなる状況においてもさまざまな解釈を許さない一連の「汝はしてはならない」規則を公布しています。これらの規則はすべて倫理的絶対主義に基づいています。

倫理的絶対主義は道徳的絶対主義としても知られています。