バランスシート

貸借対照表は、特定の時点における企業の資産、負債、および資本のすべてを要約したレポートです。これは通常、貸し手、投資家、債権者が事業の流動性を見積もるために使用します。貸借対照表は、企業の財務諸表に含まれる文書の1つです。財務諸表のうち、貸借対照表は報告期間の終了時点で記載されており、損益計算書およびキャッシュフロー計算書は報告期間全体をカバーしています。

貸借対照表に含まれる一般的な項目(一般カテゴリ別)は次のとおりです。

  • 資産:現金、有価証券、前払費用、売掛金、在庫、および固定資産

  • 負債:買掛金、未払債務、顧客の前払い、未払税金、短期債務、および長期債務

  • 株主資本:株式、追加払込資本、利益剰余金、および自己株式

貸借対照表に含まれる明細の正確なセットは、組織が関与するビジネストランザクションのタイプによって異なります。通常、同じ業界にある会社の貸借対照表に使用される項目は、すべて同じタイプのトランザクションを処理するため、類似しています。項目は流動性の順に表示されます。つまり、現金に最も簡単に転換できる資産が最初にリストされ、最も早く決済される予定の負債が最初にリストされます。

貸借対照表に記載されている資産の合計額は、常に貸借対照表に記載されているすべての負債および資本勘定の合計と等しくなければなりません(会計等式とも呼ばれます)。

資産=負債+資本

そうでない場合、貸借対照表は不均衡であると見なされ、不均衡の原因となる根本的な会計記録エラーが特定されて修正されるまで発行されるべきではありません。

同類項

貸借対照表は、財政状態計算書としても知られています。