注文費用

注文コストは、サプライヤへの注文を作成して処理するために発生する費用です。これらのコストは、在庫品目の経済発注量の決定に含まれています。注文費用の例は次のとおりです。

  • 購買依頼を準備するためのコスト

  • 注文書の作成にかかる費用

  • 商品を受け取ったときに検査するために必要な人件費

  • 受け取った商品を片付けるための費用

  • 注文に関連するサプライヤーの請求書を処理するためのコスト

  • サプライヤーへの支払いを準備して発行するためのコスト

どんなに小さな注文でも、ある程度のサイズの注文費用がかかります。企業が負担する注文費用の合計額は、注文数とともに増加します。この総注文コストは、長期間をカバーする大量の一括注文を行い、一括注文に対して注文リリースを発行することで軽減できます。

結果として総在庫運搬コストが削減される場合、企業は高い総注文コストを許容することをいとわないかもしれません。この関係は、企業が必要な場合にのみ原材料と商品を注文する場合に発生します。そのため、より多くの注文が行われますが、手元にある在庫はほとんどありません。企業は、注文サイズのバランスを適切に取り、それによって全体的なコストを最小限に抑えるために、注文コストと在庫運搬コストを監視する必要があります。