直接労働と間接労働の違い

直接労働と間接労働の違いは、商品やサービスの実地生産に関与する労働のみが直接労働と見なされることです。他のすべての労働は、デフォルトで間接労働として分類されます。2種類の労働は異なる方法で扱われるため、この区別は会計の観点から重要です。会計は次のとおりです。

  • 直接労働。このコストは、レポート期間中に生産されたすべてのユニットに請求されます。費用を請求するための基礎は、生産プロセスで実際に使用された労働時間数です。

  • 間接労働(工場)。このコストはコストプールに割り当てられ、そこからレポート期間中に生産されたユニットに割り当てられます。割り当ての高度化のレベルに応じて、いくつかのコストプールが使用される場合があり、それぞれに個別の割り当て方法があります。たとえば、不動産コストのコストプールは、工場の家賃を累積し、使用された平方フィートの量に基づいて割り当てられる可能性があります。一方、メンテナンスコストの別のコストプールは、メンテナンスの人件費と設備コストを累積し、使用された機械時間に基づいて割り当てられる可能性があります。

  • 間接労働(管理)。この費用は、発生した期間の費用として請求されます。貸借対照表に資産として表示されることはありません。

直接労働分類に含める必要がある唯一の種類の労働は、組立ラインで作業する人や機械を操作する人など、製造プロセスに直接関与する従業員向けです。工場の清掃、保守、管理、管理の従業員など、サポートや監督のスタッフは含まれていません。

このタイプの労働は完全に変動すると考えられているため、直接労働は生産されるユニットの量とタイプに合わせて変化する必要があります。間接労働は、あらゆるレベルの業務をサポートするために必要なビジネスのオーバーヘッドを表すため、生産量によって変化する可能性ははるかに低くなります。