財務諸表分析

財務諸表分析の概要

財務諸表分析では、財務報告を確認することにより、組織の財務状況を理解する必要があります。結果は、投資と貸付の決定を行うために使用できます。このレビューでは、一連のレポート期間にわたって会社の財務諸表の次の項目を特定します。

  • トレンド。複数の期間にわたる財務諸表の主要項目の傾向線を作成して、会社の業績を確認します。典型的な傾向線は、収益、粗利益、純利益、現金、売掛金、および負債です。

  • 比例分析。財務諸表のさまざまな勘定科目のサイズ間の関係を識別するために、一連の比率を使用できます。たとえば、企業の当座比率を計算して、当座負債を支払う能力を見積もったり、負債と資本の比率を計算して、負債が多すぎるかどうかを確認したりできます。これらの分析は、損益計算書に記載されている収益と費用と、貸借対照表に記載されている資産、負債、および資本勘定との間で行われることがよくあります。

財務諸表分析は、財務諸表のさまざまなユーザーにとって非常に強力なツールであり、それぞれが企業の財務状況について学習する目的が異なります。

財務諸表分析のユーザー

財務諸表分析のユーザーはたくさんいます。彼らです:

  • 債権者。企業に資金を貸したことがある人は誰でも、その負債を返済する能力に興味を持っているので、さまざまなキャッシュフロー対策に焦点を合わせます。

  • 投資家。現在の投資家と将来の投資家の両方が財務諸表を調べて、配当を発行し続ける、キャッシュフローを生み出す、または(投資哲学に応じて)過去の速度で成長し続ける企業の能力について学びます。

  • 管理。会社の管理者は、特に外部エンティティには表示されない多くの運用メトリック(配信あたりのコスト、流通チャネルあたりのコスト、製品ごとの利益など)に関連して、会社の財務結果の継続的な分析を準備します。 。

  • 規制当局。会社が公開されている場合、その財務諸表は証券取引委員会(会社が米国で提出する場合)によって検査され、その財務諸表がさまざまな会計基準およびSECの規則に準拠しているかどうかが確認されます。

財務諸表分析の方法

財務諸表を分析するための2つの主要な方法があります。最初の方法は、水平および垂直分析を使用することです。水平分析は一連のレポート期間にわたる財務情報の比較であり、垂直分析は財務諸表の比例分析であり、財務諸表の各項目は別の項目のパーセンテージとしてリストされます。通常、これは、損益計算書のすべての項目が総売上高のパーセンテージとして示され、貸借対照表のすべての項目が総資産のパーセンテージとして示されることを意味します。したがって、水平分析は複数の期間の結果のレビューであり、垂直分析は単一期間内のアカウントの相互の比率のレビューです。

財務諸表を分析するための2番目の方法は、さまざまな種類の比率を使用することです。比率は、ある数値と別の数値の相対的なサイズを計算するために使用されます。比率が計算されたら、それを前の期間に計算された同じ比率、または業界平均に基づいた比率と比較して、会社が期待どおりに業績を上げているかどうかを確認できます。典型的な財務諸表分析では、ほとんどの比率は予想の範囲内にありますが、少数はレビューアの注意を引く潜在的な問題にフラグを立てます。比率にはいくつかの一般的なカテゴリがあり、それぞれが会社の業績のさまざまな側面を調べるように設計されています。比率の一般的なグループは次のとおりです。

  1. 流動比率。これは、企業が事業を継続する能力を測定するため、最も基本的に重要な比率のセットです。各比率の詳細については、次のリンクをクリックしてください。

    • 現金カバー率。利息の支払いに利用できる現金の金額を示します。

    • 現在の比率。流動負債の支払いに利用できる流動性の量を測定します。

    • 当座比率。流動比率と同じですが、在庫は含まれていません。

    • 流動性指数。資産を現金に変換するのに必要な時間を測定します。

  2. 活動率。これらの比率は、経営陣が会社のリソースをどれだけうまく活用しているかを明らかにするため、経営陣の質の強力な指標です。各比率の詳細については、次のリンクをクリックしてください。

    • 買掛金回転率。企業がサプライヤーに支払う速度を測定します。

    • 売掛金回転率。売掛金を回収する企業の能力を測定します。

    • 固定資産回転率。固定資産の特定のベースから売上を生み出す企業の能力を測定します。

    • 在庫回転率。特定のレベルの販売をサポートするために必要な在庫の量を測定します。

    • 運転資本に対する売上高の比率。特定の売上高をサポートするために必要な運転資金の額を示します。

    • 運転資本回転率。特定の運転資金ベースから売上を生み出す企業の能力を測定します。

  3. レバレッジ比率。これらの比率は、企業が事業資金を調達するために負債に依存している程度と、負債を返済する能力を明らかにしています。各比率の詳細については、次のリンクをクリックしてください。

    • 負債比率。経営陣が株式ではなく負債で事業に資金を提供する意思がある範囲を示します。

    • 債務返済カバー率。会社が債務を支払う能力を明らかにします。

    • 固定料金の適用範囲。会社が固定費を支払う能力を示します。

  4. 収益性の比率。これらの比率は、企業が利益を生み出す上でどれだけうまく機能しているかを測定します。各比率の詳細については、次のリンクをクリックしてください。

    • 損益分岐点。会社が破綻する販売レベルを明らかにします。

    • 貢献利益率。売上高から変動費を差し引いた後の残余利益を表示します。

    • 粗利益率。売上高から売上原価を差し引いたものを売上高の割合として表示します。

    • 安全範囲。会社が損益分岐点に達する前に売上が減少しなければならない量を計算します。

    • 純利益率。税引き後の利益額とすべての費用を純売上高から差し引いた金額を計算します。

    • 株主資本利益率。会社の利益を資本のパーセンテージとして表示します。

    • 純資産利益率。会社の利益を固定資産と運転資本のパーセンテージとして表示します。

    • 運用資産の収益。使用された資産のパーセンテージとして会社の利益を示します。

財務諸表分析の問題

財務諸表分析は優れたツールですが、分析結果の解釈を妨げる可能性があることに注意すべきいくつかの問題があります。これらの問題は次のとおりです。

  • 期間間の比較可能性。財務諸表を作成する会社は、財務情報を保存するアカウントを変更した可能性があるため、結果は期間ごとに異なる可能性があります。たとえば、ある期間に販売された商品の原価に費用が表示され、別の期間に管理費に費用が表示される場合があります。

  • 企業間の比較可能性。アナリストは、さまざまな企業の財務比率を頻繁に比較して、それらが互いにどのように一致しているかを確認します。ただし、企業ごとに財務情報の集計方法が異なる場合があるため、比率の結果は実際には比較できません。これにより、アナリストは、競合他社と比較して、会社の結果について誤った結論を導き出す可能性があります。

  • 運用情報。財務分析では、会社の財務情報のみが確認され、運用情報は確認されないため、注文バックログのサイズや保証請求の変更など、将来のパフォーマンスを示すさまざまな主要な指標を確認することはできません。したがって、財務分析は全体像の一部しか提示しません。

同類項

水平分析は、傾向分析とも呼ばれます。