非営利会計

非営利会計とは、非営利団体が行う商取引に適用される独自の記録および報告システムを指します。非営利団体とは、所有権を持たず、利益を得る以外の運営目的を持ち、利益を期待しない第三者から多額の寄付を受け取る団体です。非営利会計は、営利団体による会計とは異なる次の概念を採用しています。

  • 純資産。非営利団体で資本ポジションをとる投資家がいないため、貸借対照表では純資産が資本に取って代わります。

  • ドナーの制限。純資産は、ドナー制限ありまたはドナー制限なしのいずれかに分類されます。ドナー制限のあるアセットは特定の方法でのみ使用でき、特定のプログラムにのみ割り当てられることがよくあります。ドナーの制限のない資産は、あらゆる目的に使用できます。

  • プログラム。プログラムと呼ばれるある種のサービスを提供するために非営利団体が存在します。非営利団体は、それぞれが別々に会計処理されるいくつかの異なるプログラムを運営する場合があります。そうすることで、各プログラムに関連する収入と支出を見ることができます。

  • 管理と管理。コストは、非営利団体の一般的な間接費構造を参照する管理および管理分類に割り当てられる場合があります。ドナーは、この数字をできるだけ低くしたいと考えています。これは、寄付の大部分がプログラムに直接送られていることを意味します。

  • 資金調達。費用は、募金の分類に割り当てられる場合があります。これは、勧誘、資金調達イベント、助成金提案書の作成など、非営利団体の販売およびマーケティング活動を指します。

  • 財務諸表。非営利団体によって作成された財務諸表は、営利団体によって発行されたものとはいくつかの点で異なります。たとえば、活動計算書が損益計算書に置き換わり、財政状態計算書が貸借対照表に置き換わります。営利団体と非営利団体の両方がキャッシュフロー計算書を発行します。最後に、非営利団体には資本がないため、株主資本計算書に相当する非営利団体はありません。