貢献利益と粗利益の違い

貢献利益と粗利益の本質的な違いは、固定間接費が貢献利益に含まれていないことです。これは、貢献利益が常に粗利益よりも高いことを意味します。販売された商品とサービスの収益性の古典的な尺度は粗利益であり、これは収益から売上原価を差し引いたものです。売上原価の数値は、変動費(販売量によって変化する)と固定費(販売量によって変化しない)の組み合わせで構成されます。

粗利益における売上原価の典型的な内容は次のとおりです。

  • 直接材料

  • 直接労働

  • 変動間接費(生産供給など)

  • 固定間接費(設備の減価償却や監督給与など)

粗利益の概念の代替案は、収益からすべての変動費を差し引いた貢献利益です。すべての固定費を除外することにより、売上原価の数値の内容が次のように変更されます。

  • 直接材料

  • 変動する間接費

  • 手数料費用

他のほとんどのコストは、売上によって直接変化しないため、貢献利益の計算から除外されます(直接労働も)。たとえば、生産台数に関係なく、生産エリアに人員を配置するためには一定の最小乗組員が必要であるため、直接労働は売上によって直接変化するとは言えません。同様に、固定管理費も売上によって変動しないため、含まれていません。

粗利益の概念は、企業が営業活動からどれだけの利益を上げているかを確認するためのより伝統的なアプローチですが、固定費の割り当て方法に依存するため、不正確になる傾向があります。貢献利益の概念は、企業が実際に売上からどれだけのお金を稼いでいるかをよりよく把握できるため、推奨される分析方法です。これを使用して、固定費を支払い、利益を生み出すことができます。

一般に、貢献利益には含まれるコストが少ないため、貢献利益は粗利益よりも高い割合をもたらす傾向があります。これは、企業の収益性が急上昇したという誤った仮定につながる可能性があります。これは、すべてのビジネスが粗利益法から貢献利益法に切り替えられ、それによってすべての固定費が損益計算書の下位にある別の分類にシフトする場合です。実際、販売台数が変わらない限り、どちらの方法を使用しても、会社の総利益は同じです。