会計仕訳

会計仕訳の定義

会計仕訳は、企業の会計記録に会計トランザクションを入力するために使用される方法です。会計記録は総勘定元帳に集約されます。または、仕訳はさまざまな補助元帳に記録され、後で総勘定元帳にロールアップされます。この情報は、報告期間の終了時点で財務諸表を作成するために使用されます。

含めることができるラインアイテムの数に上限はありませんが、ジャーナルエントリには少なくとも2つのラインアイテムが必要です。2行の仕訳入力は単純仕訳入力と呼ばれ、より多くの行項目を含む仕訳入力は複合仕訳入力と呼ばれます。企業は1つのレポート期間で非常に多くの仕訳を使用する可能性があるため、エントリが作成される理由を明確にするために、少数の複合仕訳よりも多数の単純仕訳を使用することをお勧めします。これは、仕訳入力が後日調査される場合、特に監査人によってレビューされる場合に役立ちます。

会計トランザクションを作成するときは常に、少なくとも2つのアカウントが常に影響を受け、一方のアカウントに対して借方エントリが記録され、もう一方のアカウントに対して貸方エントリが記録されます。

トランザクションの借方と貸方の合計は常に互いに等しくなければならないため、会計トランザクションは常に「バランスが取れている」と言われます。取引のバランスが取れていないと、財務諸表を作成することはできません。したがって、2列のトランザクション記録形式での借方と貸方の使用は、会計の正確性に対するすべての制御の中で最も重要です。

小規模な会計環境では、ブックキーパーが仕訳を記録する場合があります。大企業では、総勘定元帳の会計士が通常、仕訳の記録を担当し、それによって仕訳の記録方法をある程度制御できます。

仕訳入力の形式

少なくとも、会計仕訳には以下を含める必要があります。

  • 借方と貸方が記録されるアカウント

  • エントリーの日付

  • 仕訳を記録する必要がある会計期間

  • エントリーを記録した人の名前

  • 管理権限

  • 仕訳を識別するための一意の番号

  • エントリが1回限りのエントリ、定期的なエントリ、または逆のエントリのいずれであるか。

  • 記録されている理由を証明するために、ジャーナルエントリに広範なドキュメントを添付する必要がある場合があります。少なくとも、仕訳入力の簡単な説明を提供してください。

特別な種類の会計仕訳

逆転ジャーナルエントリは、以下のいずれかの報告期間中に手動で反転され、または自動的に次の報告期間中に会計ソフトで反転するものです。

定期的なジャーナルエントリは、終了日が到達するまで、すべての連続した報告期間中に繰り返されるものです。これは手動で行うことも、会計ソフトウェアシステムで自動的に実行するように設定することもできます。

会計仕訳入力の例

アーノルドコーポレーションは、1,000ドルの現金で顧客に製品を販売しています。これにより、収益は1,000ドル、現金は1,000ドルになります。アーノルドは、借方で現金(資産)勘定の増加を記録し、貸方で収益勘定の増加を記録する必要があります。エントリは次のとおりです。