保険金の会計

企業が保険契約の対象となる損失を被った場合、受け取った保険金の金額の増加を認識します。これらの収益を記録するための最も合理的なアプローチは、会社が受け取るまで待つことです。そうすることにより、決して受け取られない支払いに関連する利益を記録するリスクがありません。別の方法は、支払いの可能性が高く、支払い額を決定できるとすぐに利益を記録することです。ただし、これは未収収益の一形態を構成するため、支払いに関して高度な確実性がない限り、推奨されません。現金受領前に利益が記録されている場合、利益に対する相殺借方は、予想される保険金回収の債権です。

保険金からの利益は、金額が重要である場合は別の勘定に記録する必要があります。これにより、利益が本質的に非運用であると明確にラベル付けされます。たとえば、そのようなアカウントのタイトルは「保険金請求からの利益」である可能性があります。

利益は記録されていますが、保険金請求の結果は正味損失となる可能性があります。これは、保険金請求額が実際に発生した損失と相殺され、保険控除額が差し引かれるためです。

保険金収入をもたらす事象の性質、収入額、および結果として生じる利益が記録される損益計算書の項目を財務諸表の脚注に開示する必要がある場合があります。