テナント改善手当の会計処理

不動産の賃貸人は、賃貸物件を改善するために使用される借手に手当を与えることができます。このテナント改善引当金の適切な会計処理は、借手が結果として生じる借地権の改善を所有するかどうか、およびそれが直接償還の取り決めであるかどうかによって異なります。オプションは次のとおりです。

  • 借手は改善を所有しています。借手が改善を所有している場合、借手は最初に引当金をインセンティブ(繰延クレジット)として記録し、リース期間または改善の耐用年数のいずれか短い方の期間にわたって、残存価値なしで償却します。 。通常、リース期間は使用される償却期間です。これは本質的に負の家賃の支払いです。

  • 貸し手は改善を所有しています。貸手は支出を固定資産として記録し、資産の耐用年数にわたって減価償却します。テナントが退去し、減価償却期間が終了する前に関連するリースを終了した場合、貸手は元の減価償却計算に基づいて減価償却を継続できます。その後、建物が破壊または損傷した場合、貸手は、損益計算書に損失として表示される、減価償却されていない残りの支出残高を償却します。

  • フロースルー配置。貸手が借地権の改善費用を借手に直接返済している場合、これは、借手が支払いに関連する固定資産を記録しないフロースルー契約です。代わりに、借手は最初に改善のために支払いをしており、それらの支払いはその後すぐに貸手から受け取った支払いによって相殺されます。

証券取引委員会(SEC)はまた、借手がリースインセンティブ契約と判断されたものに基づいて現金を受け取る場合、現金流入はリースインセンティブとして借手のキャッシュフロー計算書の営業活動セクションに記載されるべきであると述べた。 。また、借地権の改善のために行われた支払いは、キャッシュフロー計算書の投資活動セクションに記載する必要があります。