単位貢献利益の計算方法

単位貢献利益は、販売単位に関連するすべての変動費が関連する収益から差し引かれた後の残りです。ユニットを販売するための最低価格(変動費)を設定するのに役立ちます。このマージン分析は、商品またはサービスの販売に適用できます。単位貢献利益の計算式は次のとおりです。

(ユニット固有の収益-ユニット固有の変動費)÷ユニット固有の収益=ユニット貢献利益

計算に使用する変動費の額は、状況によって大きく異なります。このマージンの使用方法の次の例を検討してください。

  • 製品の個々のユニットレベルでは、変動費は通常、製造プロセスで消費される直接材料と供給品のみです。従業員が生産されたユニットの数に基づいて支払われていない限り(ピースレートの賃金プランなど)、労働は個々のユニットレベルで変動費とは見なされません。

  • サービスの個々のユニットレベル(請求可能な1時間の作業など)では、作業を実行する人に給与が支払われる場合、その人はサービスの提供に関係なく支払われるため、変動費はまったくない場合があります。

  • 特定の請求可能なサービスに従事した時間に基づいて支払われる場合、変動費はその人の時給と関連する給与税です。これらの費用は、サービスの単位を提供しなかった場合に会社が負担することはありません。

ただし、特定の販売トランザクションに複数のユニットが含まれる場合、このコストは変わる可能性があります。これは、購入または生産の効率によって変動費が削減され、貢献利益が異なるためです。したがって、単位貢献利益は、1を超える単位数量の価格決定には関係しない場合があります。

逆に、大量生産によるコスト削減の影響がないため、小ロット生産の製品にも適用可能です。