労働生産性の計算方法

労働生産性は、国または組織の人々の効率を測定します。それを計算するには、生産された商品とサービスの合計値を合計労働時間数で割ります。組織の生産性を計算する場合、商品とサービスの合計値は、それらの金銭的価値、つまり、それらを販売できる金額と見なされます。生産された金額の一部は、販売されるのではなく最終在庫に保管される可能性があるため、この金額は必ずしも売上原価と同じではありません。したがって、組織の計算は次のようになります。

生産された財とサービスの金銭的価値÷総労働時間数=労働生産性

この測定値を傾向線で追跡して、時間の経過とともに労働生産性に変化があるかどうかを確認できます。従業員に的を絞ったトレーニングの実施を要求したり、新しい生産およびサービス技術を導入したり、自動化を導入したりするなど、その数にプラスの影響を与えることができます。特に、自動化を使用すると、労働生産性計算の分母から労働時間が取り除かれ、はるかに高い労働生産性の数値が得られます。労働力が経験を積むにつれて、その労働生産性は一般的に増加します。逆に、経験豊富な人が新しい人に取って代わられると、生産性レベルが低下する傾向があります。したがって、従業員の離職率は、労働生産性に顕著な悪影響を与える可能性があります。

国レベルでは、労働生産性は国内総生産をその国で働いた総労働時間数で割って計算されます。この数が増えるにつれ、国内の生活水準の向上を反映していると考えられます。この指標は、生産性レベルでランク付けするために、一般的にさまざまな国の間で比較されます。