監査リスクモデル

監査リスクモデルは、監査に関連するリスクの総量を決定し、このリスクを管理する方法を説明します。計算は次のとおりです。

監査リスク=管理リスクx検出リスクx固有のリスク

監査リスクモデルのこれらの要素は次のとおりです。

  • リスクを管理します。このリスクは、既存の統制の失敗または統制の欠如によって引き起こされ、不正確な財務諸表につながります。

  • 検出リスク。このリスクは、監査人が財務諸表の重要な虚偽表示を発見できなかったことが原因です。

  • 固有のリスク。このリスクは、制御の失敗以外の要因から生じるエラーまたは脱落によって引き起こされます。このリスクは、会計取引が非常に複雑である場合、取引の会計に関連する高度な判断がある場合、または会計スタッフのトレーニングレベルが低い場合に最も一般的です。

監査業務を計画する場合、監査人は、監査リスクの合計額を決定するために、各補助レベルのリスクを検討する必要があります。リスクレベルが高すぎる場合、監査人はリスクを許容レベルまで減らすために追加の手順を実行します。管理リスクと固有リスクのレベルが高い場合、監査人は監査テストのサンプルサイズを増やすことができるため、検出リスクを減らすことができます。逆に、統制リスクと固有リスクが低いと考えられる場合、監査人は監査テストのサンプルサイズを減らすことが安全であり、これにより検出リスクが高まります。