売上高に対するキャッシュフローの比率

売上高に対するキャッシュフローの比率は、売上高に比例してキャッシュフローを生み出す企業の能力を明らかにします。営業活動によるキャッシュフローを売上高で割って算出しています。理想的には、この比率は売上の増加とほぼ同じである必要があります。比率が低下した場合は、次のような多くの問題の指標となる可能性があります。

  • 同社は、より少ない現金を生み出す増分販売を追求しています。
  • 同社は増分顧客により長い支払い期間を提供しているため、現金は売掛金に拘束されます。
  • 会社は売り上げが増えるにつれてより多くのオーバーヘッドに投資する必要があり、それによってキャッシュフローの成長率が低下します。

これらすべての問題は、企業がキャッシュフローの減少を犠牲にして売上を伸ばしていることを示している可能性があります。