パートナーシップの形成

パートナーシップの性質

パートナーシップは、2人以上の人がエンティティを所有し、その利益、損失、およびリスクを個人的に共有するビジネスの取り決めです。使用されるパートナーシップの正確な形式は、パートナーにある程度の保護を与えることができます。パートナーシップは口頭での合意によって形成することができ、取り決めの文書はまったくありません。

パートナーシップ契約

口頭でのパートナーシップ契約を使用する場合、後日、所有者間で意見の不一致が生じる可能性があります。したがって、特定の状況をどのように処理するかを記載した文書を作成することは理にかなっています。このパートナーシップ契約は、少なくとも次のトピックをカバーする必要があります。

  • 各パートナーの権利と責任

  • パートナーがジェネラルパートナーまたはリミテッドパートナーとして指定されているかどうか

  • 各パートナーに配分されるパートナーシップの利益と損失の割合

  • パートナーシップからの資金の引き出しに関連する手順、およびこれらの引き出しの制限

  • 重要な決定をどのように解決するか

  • パートナーの追加および終了方法に関する規定

  • パートナーが死亡した場合、パートナーシップの利益はどうなりますか

  • パートナーシップを解消するために従うべきステップ

  • 清算時にパートナーに支払われる残余現金の割合

追加のパートナーシップ形成活動

パートナーシップ契約に加えて、パートナーはすべてのタイプのビジネスに共通する他の多くの形成活動に従事しなければなりません。これらのアクションには次のものが含まれます。

  • 商号を登録する

  • 雇用主識別番号を取得する

  • パートナーシップの運営を計画している政府が必要とするライセンスを取得する

  • パートナーシップの名の下に銀行口座を開く

  • 内国歳入庁に年次情報申告書を提出する