売上高利益

売上高利益率は、売上から生み出される利益の割合を導き出すために使用される比率です。この概念は、特定のレベルの売上から効率的に利益を生み出す経営陣の能力を判断するのに役立ちます。収益の増加は運用効率の改善を示し、繰り返しの減少は差し迫った財政的苦痛の強力な指標です。

売上高利益の計算式は、利息と税金を差し引く前の利益を純売上高で割ったものです。計算は次のとおりです。

税引前利益÷売上高=売上高利益率

たとえば、ある企業は、純利益が50,000ドル、支払利息が10,000ドル、税金が15,000ドルと報告しています。同じ期間に報告された純売上高は$ 1,000,000です。この情報に基づくと、売上高利益率は7.5%であり、次のように計算されます。

($ 50,000の収益+ $ 10,000の利息+ 1 $ 15,000の税金)÷$ 1,000,000の純売上高

= 7.5%売上高利益率

財務および税金に関連する除外のため、比率の結果は、コア事業によって生み出されたそれらの売上に対する比例収益です。この情報は、トレンドラインで追跡する場合に最も役立ち、特定の販売量で妥当な利益を得る経営陣の能力を判断します。経営陣は売上成長の機会を見つけるために収益性の低いニッチを調査することを余儀なくされているため、探すべき結果として考えられるのは、売上が増加しても収益を維持できないことです。その結果、売上高利益率は徐々に低下します。

売上高利益率の概念は、業界分析に適用して、業界内のどの企業が最も効率的に運営されているかを判断することもできます。リターンが最も高いものは、潜在的な買収者からの最高のバイアウトオファーを引き付ける可能性があります。

この測定の主な懸念事項は、多額の支払利息義務などの財務レバレッジの影響を考慮していないため、企業が生み出す収益を誇張する傾向があることです。

同類項

売上高利益率は、営業利益とも呼ばれます。