非継続事業

非継続事業の報告

非継続事業は、売却目的で保有されている、またはすでに処分されている事業体の構成要素の事業の結果です。以下の両方の条件が存在する場合、指定された経営成績は財務諸表内で非継続事業として報告されなければなりません。

  • 結果として生じる除去。処分取引により、コンポーネントの運用とキャッシュフローが会社の運用から排除されます。

  • 継続的な関与。処分取引が完了した後は、コンポーネントの運用に会社が継続的に関与することはありません。継続的な関与は、廃棄されたコンポーネントの運用または財務ポリシーに影響を与える能力を意味します。

廃止された運用シナリオ

以下は、非継続事業の会計処理の例です。

(1)Armadillo Industriesは、販売不足のため、加圧コンテナ製品の1つをキャンセルする予定です。この製品は、キャッシュフローが追跡されるより大きな製品グループの一部です。Armadilloは個々の製品レベルでキャッシュフローを追跡しないため、単一の製品に関連する操作を非継続操作として分類する必要はありません。

(2)さらに検討した結果、Armadilloはコンテナ製品グループ全体を販売することを決定しました。キャッシュフローはこのより大きなグループに関連しているため、Armadilloはそれを非継続事業として分類する必要があります。

(3)Armadilloは、小売店の1つを販売業者に販売し、その店の新しい所有者に商品を供給する契約を締結します。その結果、所有権が変更されたにもかかわらず、キャッシュフローの大部分はストアから継続されます。この場合、店舗を非継続事業として分類することは適切ではありません。

(4)アルマジロはその製品ラインの1つを販売しています。販売契約の一部では、購入者は今後3年間、製品ラインに関連するすべての販売に対して5%のロイヤルティをアルマジロに支払うことを規定しています。 Armadilloは、製品ラインに継続的な運用上の関与はありません。アルマジロは重要な継続的関与を持たず、結果として生じるキャッシュフローは間接的であるため、製品ラインは非継続事業として開示されるべきです。

上記の条件が満たされ、コンポーネントが販売のために保留されている場合、企業は、損益計算書の別の非継続事業セクションで、現在および前の期間のコンポーネントの運用結果を報告する必要があります。同じ条件で、ただしコンポーネントが販売された場合、企業は、損益計算書の別の非継続事業セクションで、現在および過去の期間のコンポーネントの運用結果、および処分による損益を報告する必要があります。

たとえば、Armadillo Industriesは、損失を出したボディアーマー部門を売りに出すことを決定しました。その結果、損益計算書の下部に次のレポートが表示されます。